星たちの海越えて

出来ないことなんてない

渡辺翔太、22歳。


なんとなく、はじめてみた。


今日はSnowMan渡辺翔太、22歳の誕生日!

ということで、阿部くん担当の私がなべさんについて書きます。

担当といっても今年にはいってすの担になったばかりのドドド新規です。


なべさん(ってこの記事では表記します)を認識したのがいつかは分かりません。エイターの時からみすのは知っていたしけど、顔をはっきり覚えたのは今年。真田推しでした…。てかのんさな岩本しか知らなかった。

だからすの担になってなべさんのことをどんどん知っていくのがすごく楽しかった。もちろん今も完全に分かっているわけではないし、これから100%理解することもないだろうけど。

私からじゃなくても、みんなの中で「SnowManの切り込み隊長」っていうのがなべさんのキャッチフレーズ的なものでよくみかけるけど、本当その通りだと思う。どの動画をみても一番喋ってるのはなべさんだし、仕切ってるのはなべさん。みすの時代はよく知らないけど、それでも真田かなべさんじゃないかな。

先輩にがつがつ絡んでいく後輩は個人的に好きだし(例:向井康二)ちゃんと対応できてるからすごいなって思ったのが最初の印象。

次に滝沢歌舞伎のDVDをみて、この人本当どんなポテンシャルもってんだ…てなったのが第2段階。(段階って書いてますが続きません)散々千秋楽レポは出回っていて、それをみてSnowManというグループに興味を持ったけど、びっくりした。ドキュメントの滝沢座長からの手紙の場面。単調に、冷静に、感情的にはならず「手紙を読んでいる」なべさん。自分のグループにあてられてるし、内容だって薄いものじゃない。それを、泣きそうにはなってたけど崩れないで読みきったなべさんってすごいな、と。まあ、最後まで「沢山」が読めてなかったけど。

ここまで書いてきてまとまらない予感しかしない。

手紙で手を焼いた、何やっても忘れる、って散々いわれてたけど、なべさんそこからちゃんと仕事とってきててすごいな。ておもう。それに、なべさんには歌という武器もある。あんまり表に出ないし、私だってVineくらいでしか聞いたことないけど、上手いって感じた。いわふかが推されてるからソロパートを地上波で見れる日がいつくるのかなんて分からないけど、なべさんの歌は自信もっていいとおもう。宮舘が上手いって聞いたから宮舘と一緒に。

全然まとまらないけど、まだまだ知らないことだらけだけど、渡辺翔太にとって素敵な22歳の年となりますように。


ちなみに普段は「渡辺」って呼んでるけどさすがに誕生日に語る時に渡辺は失礼なのでやめました。(笑)


広告を非表示にする