読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星たちの海越えて

出来ないことなんてない

年末なのでまとめてみた②出会いと別れその1


6年やってた担当に別れを告げ新しく担当になった子に会いにいってきました!(=エイトとタキツバのコンサートいってきた)

本当はまとめて1この記事にしようかとおもったんだけどオーラスすばらしすぎたから分ける\(^o^)/


関ジャニズム 東京 12日】

申し込むときから「エイターとしていくエイト魂」は最後だと決めてました。そしたらもう二度と入れないようなアリーナのほぼ最前がきた。嘘だろ。ていうか一人でこの席当たるんだ…。そのくらいすごい良い席でした。まじめに申し込んでりゃいいことあるね。

セトリは把握してたけどもやっぱりcool magic cityと無限大を歌ってくれたのは本当に本当に嬉しくてこの2曲泣いてた。クルマジを生で聴くのは横山さんのソロコン(2010)以来で、泣きながら振りやってたら丸ちゃんがきてみないでえええええってなりながらも手を振った。(笑)なんでこんな楽しい曲を毎回やらないんだよ(泣)おかげで周り振り全然してなかったから!!むなしいわ!!!なんなら横山さんのFantastic musicも錦戸さんの愛以外のなんでもないもポカーンだったから!音源化たのむ!みんながみんなDVDもってるわけじゃない!私だって47以前のはもってないわ!ワンシャン・ロンピンの歓声が大きかったのはおそらくみんな知ってたからだよねえ。無限大はひとつのうたが出来たことによってなくなったのかと思ってたらそうでもなくてファンが必死に訴えてできて、エイターが歌うところ泣きながら歌って、これが関ジャニ∞のライブだよ(泣)(泣)!!!Do you agree?とミセテクレをなくしたことについては詳しく話をききたいですし切り捨てるところそこじゃないですって思ったけど。

もしかしたらエイター卒業できないんじゃないか?て始まる前は思ってたけど終わってみれば清々しく卒業できるわ!て気持ちだったしそれで良かったのかもしれない。6年村上担をやってきて、ここが限界だなって感じた。前からだけど、オープニングでヒナだけ歓声がなかったり一人だけ曲数少なかったりしたのは辛すぎたし途中の映像でヒナでてきたときに周りが笑ってたのには正直腹が立った。ずっと村上担をやられているお姉様方のメンタルどんだけ強いの。私もう耐えられなかった。かっこいい村上信五を好きになって、プロ意識の高さとかメンバーに対する信頼とかその逆とか、そういう面をずっと好きだったしみんなそうだと思うし、だからこれから村上担としてコンサートいくのはもうやめよう、やめないと私が楽しめないって痛感した。エイターやめようと思ったのは他に好きな子ができたことが第1だけど上に書いたように辛くなったのも大きいです。

それでも私は関ジャニ∞好きだしFCやめないし当たればコンサートにいくつもりでいる。それは本編最後のすばるの言葉がすごく心に響いたから。「生きていれば楽しいことありますから!!いまたのしいでしょ!!」さいこうかよ。私が離れかけてもエイターやってたのは少なくともすばるのまっすぐで嘘のない、決して綺麗事ではなくて等身大の言葉があったからなんだろうな、って。バンドメインが嫌いな私にとってLIFEってそこまで響かない曲だったのにこの日ばかりはすごく響いて気づいたら泣いていた。村上担でありながらすばるに支えられた6年間だったのかもしれない。


当たり前だけど私が好きになった頃と比べものにならないくらい成長して人気になってドームでしかコンサートをやらなくなってテレビ出ずっぱりで錦戸しか知らない一般人の方がヒナの名前を知ってる時代になってついていけなくなったのかな。グッズは宝物だから捨てませんし売りませんし、これからも曲は聴いていきますし、7人とも大好きですし、だからこそ私は離れることにしました。エイター時代に内博貴と共演するエイトを見られなかったのはものすごく悔しいけど、いつか、共演してくれるよね。戻れなんて全く思ってない。けど、なかったことにはしてほしくないのです。NEWSにもみすのにもいえることです。


日曜日のタッキー&翼のライブに続きます。