星たちの海越えて

出来ないことなんてない

ドッグファイト備忘録

ドッグファイト\(^o^)/

7月の発表からまだかなまだかなそわそわしてたらあっという間に初日を迎え。愛知の大千穐楽に行けないのが残念ですが…(>_<)

てことでシーンごとの感想をざざざーっと書きたいと思います!以下ネタバレ注意! がっつり書いてるので嫌な人は見ないでくださいね。ほぼニュアンス。

 

 

 

 

【一幕】

○オープニング〜1967年バス(♪思い出す)

ローズ(宮澤)のソロからスタート。続いてエディ・バードレイス(屋良)、そして全員登場。サンフランシスコ行きの長距離バス。そこから時は戻り1963年へ…

・このシーンが一幕ラストと二幕ラストにつながります

・エマちゃんの第一声でもっていかれる

 

○1963年 海軍のバス(♪最後の夜)

1963年サンフランシスコ。翌日に出征を控えた海兵隊員がドッグファイトへくりだす前兆の場面。隊員はバードレイス、ボーランド(中河内)、バーンスタイン(矢崎)≪以上三人で三匹の蜂=スリービーズ≫スティーヴンス(末澤)、ギブス(新井)までが一等兵。フェクター(浜中)のみ二等兵

着替えシーンは下手より末澤、中河内、屋良、矢崎、新井、浜中

・フェクターが毎回着替えがぎりぎり

・誰よりも早く脱ぐのに誰よりも着るのが遅い

・一幕最初の見せ所(多分)

・全員ブリーフなのがなんか面白い

・自惚れ屋スティーヴンスのウィンク

 

○バスステーション(♪3匹のハチ)

・バードレイスとボーランドが顔を見合わせて笑顔でうなづくのがただただ可愛いシーン

・ここらへんから下ネタオンパレード

・ゲスい

 

○街中(♪ヘイ!彼女)

海兵隊員がナンパしにいくシーン。全員登場。客席にもナンパしにいく。

ソロパートの歌詞は

バーンスタイン→顔をみせて

ボーランド→今夜予定は?

ギブス→デートしない?

スティーヴンス→道を教えて

・女性陣がくるくる変わるのも楽しい

・末澤さんが0番センターで踊ります

・6人それぞれ個性溢れるナンパをしているので注目

ボーランドの圧力

 

○食堂(♪パーティーに行こう)

食堂にやってきたバードレイスとローズが出会うシーン。バードレイスの必死のアプローチでパーティーにいくことを決めるローズ。

・一度きりだよ!チャンス逃すよ!

・ナンパじゃないよ!

・この目を見て!

・以上全てはドッグファイトのため

・パーティーに誘われたことのないローズは最終的にOKしてしまう

・純粋

・手が滑って紙ナフキンがパラパラ舞うところが個人的には好きです

・私がみたなかでは東京初日が一番綺麗だった

・ここまで最低なバードレイス

 

○ローズの部屋(♪なによりワンダフル)

舞い上がっているローズが部屋でどの服を着よう!とばたばたするシーン。ローズ独壇場。

・ローズが完全に乗り移っているエマローズ凄い

・女の子共感パート

・服をハンガーごと飛ばす

・一瞬だけバードレイスのものまねをしてます、ご注目

・とにかくローズ可愛い

・「オーマイガッシュ!」の意味は知恵袋にあったので気になる方は読んでください

 

○街角(♪パーティーに行こうリプライズ)

売春婦のマーシーをパーティーに誘うボーランド。ここでは言われてないけどおそらくマーシーはこの時点でドッグファイトを知っている。歌はないけどやりとりが楽しいシーン。強気だったのにだんだん押されるボーランドひたすら可愛い。そして海兵隊員はそれぞれパーティーへ。バードレイスとローズがパーティーに向かうシーン。戦争怖くないの?というローズに大丈夫でしょ!と楽観的で何も疑っていないバードレイス。ローズの純粋な気持ちに、だんだん罪悪感もつのり後悔して引き止めようとするが時すでに遅し…

・ローズの太った女の子芝居が完璧

・沖縄出身の屋良っちの演じるバードレイスはまず出征で沖縄にいくという…

ケネディ大統領が〜という台詞、パンフレットに書いてありますがこの次の日に暗殺されます。うーむなかなか

 

○クラブ「ザ・ナイト・ライト」(♪ブラストオフ~♪その顔を見せて~♪ただのパーティーさ)

それぞれ連れてきた相手と酒を呑み、踊り、勝敗を決める。フェクターが連れてきたのは噛み癖のあるスゼット(春風ひとみさん)。スティーヴンスの連れてくる相手(名前不明)はギブス役の新井さんです。バーンスタインはベアーズ(まりゑさん)。結果はボーランドの連れてきたマーシーの優勝。

・新井さんの演じる女性がガツガツ系

・セクハラするわちゅーするわ日に日に絡みが激しくなってる

・ついにスティーヴンスがガチのちゅーされました!!!(東京千穐楽)

・女性をかかえきれないスティーヴンス

・フェクターから垣間見れる文一っぽさ

・「嵐を呼ぶんじゃないだろうな?」byバーンスタイン

・とにかく目が追いつかない

・どこをみても楽しい

・ジャン!ジャジャンッジャージャン!のダンスが好み

・見た人じゃないと伝わらない

 

○クラブのトイレ(♪ドッグファイト

賞金をねぎろうとするボーランドにつっかかるマーシー。その後ドッグファイトのルールを知ってしまったローズとマーシーの「ドッグファイト」(歌)。ローズはバードレイスを引っ叩いて出て行ってしまう。

・保坂さん演じるマーシーの迫力と歌唱力にあっぱれ

・意味を知った時、自分ではなくマーシーの心配をするローズがすごく性格のいい子だと思う

・「背筋を伸ばしてりんとしてりゃ 傷つかない」

・カッコいい

 

○ローズの家(♪とても笑えるわ)

ローズが部屋に戻り「笑えるわ」を歌う。

・痛いほどローズの気持ちがわかるシーン

・辛い

・転調するときに増すエマローズの迫力

 

〜1967年バスに戻り、一幕終了

 

【二幕】

○ゲームセンター~売春宿(♪地元のヒーローの凱旋パレード)

簡単に言えば海兵隊員が○貞を捨てる場面。スティーヴンスまで終わったところでもう終わり!と言われてバーンスタインがキレる。暴走する海兵隊員をとめるバードレイス。

・おっ○い連呼

・二幕から飛ばしまくりな海兵隊

・二幕最初の登場がズボンおろしてパンツ1丁なスティーヴンス

・「これまでで最高の客だってぇ♡」

・日に日にねちっこさが増す

・やたらめったらダンスがかっこいい

・「俺こそヒーロー!!!」

・かっこいい……けど!(笑)

 

○食堂の前~高級そうなレストラン(♪ファーストデート/ラストナイト)

ローズを呼び出して謝るバードレイス(謝り方は知らない)。二人で最初で最後のデートにいくことに。

・First Date Last nightは至高

・新婚初夜設定するローズとバードレイスのコント

・ボーイvsバードレイス

・タジタジなバードレイスが可愛い

・もう二人本当に付き合ってくれ

 

○ビッグ・トニーのタトゥー店(♪地元のヒーローの凱旋パレードリプライズ)

マルハナバチのタトゥーをいれるボーランドバーンスタイン。「本当の恐怖って?」と問うバーンスタインと全てを悟っているであろうボーランドの対比が切ない。

バーンスタインの幼さが胸をしめつけられる

・お前が俺を助けるし、俺がおまえを助ける

・わたしはこのシーンが一番辛いです

 

○ゴールデンゲートブリッジ~ローズの部屋(♪終わる前に~♪どうか)

サンフランシスコの街を見下ろせる高台(?)にて。翌日出征することを初めて知ったローズ。バードレイスは最後の最後までローズといることを決意。ローズの部屋にきたローズとバードレイス。ローズが食堂で練習していた歌を披露。そして…♡

・とにかくエマローズの歌が素晴らしい

・きっと もっと 出来るはず

・全ての女の子に贈りたい

・こんなに笑いの起きるラブシーンは初めてです

・付き合ってくれ(2回目)

 

○街中~戦場(♪最後の夜リプライズ~♪思い出す)

いよいよ出征の日。バードレイスはローズから住所が書かれた紙をもらうがボーランドに諭されて…。そして戦場へ。

・人妻ァ?!?!なバーンスタイン

・明るいんだけど切ないシーンでもある

・戦場のシーンはいう言葉が見つからないのでぜひ劇場で

 

○サンフランシスコ(1967年)~食堂(♪戻れない)

時は1967年のバスへ。すっかり変わってしまったサンフランシスコ。バードレイスはローズのいる食堂へたどりつく。そして…

・ネタバレしすぎるのもあれなのでここまで

 

 

※シーン名と曲名はパンフレットより。

 

もうとにかく素晴らしい作品です。2015年最後に素敵なミュージカルに出会えました!

一幕冒頭より伏線がちりばめられているので「あぁー、ここがこうなのか!」となることも多数。見るたびに考えさせられるミュージカルです。で、なぜみにこない!!!ジャニーズjr.よ!!!(笑)


➖東京初日 ➖

初日は脚本家の方々と演出の山田さんが登壇。「考えうる最高の初日」といっていただきました!会場のテンションも最高潮。夜遅かったためさらっと終わりましたが大変な盛り上がりでした!


➖東京千穐楽 追記➖

東京千穐楽は本編からテンションあがりまくりなドッグファイト組。カテコでは全員の挨拶がありました。

・本編終わりすぐの挨拶で既に泣いている末澤スティーヴンス

・泣く

・ぶんぶん飛ぶ矢崎バーンスタインも浜中フェクター

・会場とキャストのテンションの高さ

・泣き出す新井ギブス

・「両端(新井さんと末澤)泣いてるんだけど!!!!」

・話し出した途端笑われる文一

・黙阿弥(東京楽)では「ありがとうございました!」だったひとがどうした

・いつもの文ちゃんでした

中河内雅貴ショー

・「輩連れてきてたのだれ?!」by屋良

・ジャニーズにちょっと入りたいらしい中河内さん

・お待ちしております

・シアタークリエに感謝する矢崎さん

・おっぱい!!!

・矢崎さんのしめのお言葉です

・50年近く舞台にたつ大ベテラン春風ひとみさんとこれが初舞台初ミュージカルな末澤誠也20歳

・後半中河内さんしか記憶がない  

・「ジャニーズ!」と雑にまとめられる文末

・ジャニーズ枠から外されるジャニーズ事務所所属の座長

・「俺もジャニーズだよ?!」

・「また同じキャストでやりたい」

・ぜひ!!!!!!!!!!

・エマちゃんの可愛さ


とんだお祭り状態な千穐楽でした(笑)

カンパニー皆さんが「文ちゃん」「誠也」とかわいがってくださって本当にありがとうございます(誰)。楽屋が同じだった新井俊一さん、よくご飯につれていってた中河内さんはじめ、自担の初ミュージカルがドッグファイトで本当に良かったなと思っております!!!!あとでキャスト皆さんのことは別記事にしてあげます!!!



てことで、ドッグファイト再演待ってます!!!!!!!よろしくおねがいします!!!