星たちの海越えて

出来ないことなんてない

東京ドームに感じたこと。

ジャニーズで初めて、SixTONESSnowManが同時デビューが決まった。

そのデビュー発表の東京ドームを、配信でみていた。


嬉しいのか?嬉しくないのか?と聞かれたら、そりゃ嬉しい。

阿部くんや大我は短い期間であったけど担当だったし、全員色んな苦労を乗り越えきているのも見ている。


ただ。


私は沢山の子を好きになりすぎた。


阿部くんやふっか、SnowManのお兄さん6人がいろんな涙を流してきたことも、

じゅりや慎太郎が自分ではどうしようもないことでうまく活動できなかったことも、

康二が幾度の別れを経験して全てを捨てて東京にきたことも、

大吾が関西の想いを背負って必死に道を切り開いているのも、

窓組が、テレビや雑誌に出られなくても腐らずずっと技術を磨いていたことも、


沢山沢山。私は見てきてしまった。


いろんなところで活動しているいろんな人達を、私はみて、応援して。

思い入れのない子なんていないんじゃないかってくらいみんな好きで。

みんなみんな、大好きで。


だから。

私はデビュー発表のすのすと達の安堵したような、決意を固めたような、でもすごくしっかりと前を向いている、そんな表情も、

その後に歌ったダイヤモンドスマイルを歌うなにわ男子の顔も、

如恵留の涙も、

ぜんぶぜんぶ、忘れない。


おめでとう、と。

安心した、と。

悔しい、と。

切ない、と。

いろんな感情が混ざって、今はなんといっていいのか分かりません。


1日経って、宇宙SixのアイランドTVだけみて、

一体りょうちゃん(山本亮太)はどんな気持ちで目黒がデビューしますって言ったんだろうって、分かるはずもないのに、こっちが泣いて。

まだまだ、整理はつきません。


みんなが、幸せになれますように。

今日も1日、笑顔でいてね。




P.S.かなりの察しがあった中、寺西の登場にドームが揺れたことももちろん忘れません!94年組サイコー!!!!!